●ブログ開始のご挨拶2015/06/02 02:50

「星爺から若人へ」は中学生くらいを対象としています。余名いくばくもないかもしれない爺さんからの若人へ向けたメッセージです。

●天体望遠鏡作りの経験だけは長いです
小学校に上る前に拾ったレンズで望遠鏡を作ったので経験だけは60年近いです。東京下町の水道もない農家の離れに一家が間借りしていた頃、父はプロの作詞家だった(16歳からだったらしい)のですが、要するにプー太郎でレコード会社の専属作家になるまでは、家族が栄養失調になるほどの赤貧洗うがごとき生活でした。
オモチャなど買ってもらったことのない6歳の星爺は、近所の大規模な産業廃棄物捨場で地場産業のオモチャのゴミを拾って遊んでいました。ある日、そのゴミ捨て場に自分の背丈以上の「レンズの山」が出現しました。レンズの山は一週間に一度くらい増えて行きました。オペラグラスのレンズがほとんどで、ケルナーの後玉、たまにケルナーの前玉やエルフレらしきレンズ、三枚合せ対物レンズや研磨途中のレンズなども捨ててありました。もちろんケルナー云々は何年も経ってから知ったことです。
レンズを「おはじき」代わりにして遊んでいたおバカな子供でも、それを拡大鏡や望遠鏡にするのは時間の問題でした。ガリレオ式望遠鏡を皮切りに、小学1年生の絵日記に「逆さまに見える望遠鏡を作った。逆さま(ケプラー式ですね)のほうが良く見える」と書いた覚えがあります。
小学生になると図書館で誠文堂新光社の『光学模型の作り方』(田口武二郎)や『光学の知識と工作』(海保洋司)を見つけて光学系の工作マニアになりました。「このような本を出版するとは、なんて素晴らしい出版社だろう!」と思ったことが、後に同社に就職するきっかけになったのかもしれません。

写真は左からケルナーの後玉で作ったボール紙を巻いたアイピース、口径4cm F20アクロマート対物レンズ、アニーというメーカーの50mm F8単玉カメラレンズです。こんなガラクタを捨てられずに50年以上も保管しています。
東京オリンピック前年の5年生の時には単レンズの5cm F16で天体望遠鏡を作りました。木製の経緯台で三脚は竹で作りました(上の写真)。
翌年には上の写真の4cmアクロマートでタンジェントスクリュー微動式のドイツ式赤道儀を作りました(バックに亡くなった母の後ろ姿が写っています)。貧乏を絵に描いたような写真ですね(笑)

こんな感じで、その後も天文雑誌の編集部に30年勤めるなど天文/望遠鏡三昧の人生を送ってしまったことは、もったいなかったとも良かったとも思う複雑な心境です。早期退職をして10年経っているので知識も錆びついていますが、若い人たちに少しでも望遠鏡の知識を伝承できたらと思います。

★株式会社輝星の運営する「SB工房」はこちらです。

コメント

_ 元中学生の天文ファン ― 2015/06/02 23:49

50を過ぎた元中学生です。
ますますのご活躍、祈念しております。JILVA170欲しいです^_^

_ 星爺 ― 2015/06/04 12:43

元中学生の天文ファンさんへ
中学生向けの内容ですからご参考にはならないと思いますが、
いろいろ偏ってしまった情報がネットでさらに増長される現状と思うので、
初心者向けに発信してまいります。
よろしくお願いします。

_ ムササビ ― 2015/06/10 11:24

ブログ開設おめでとうございます。

私も高槻さんか発表されたポータブル赤道儀の記事を読んで、真似して自作したことからこの趣味にどっぷりはまった一人です。

中学生だった私には、とても楽しいワクワク感の詰まった天文記事でした。

これからも若い人に向けて、ネット通販やプログなどで、ワクワク感を発信して頂けるのは嬉しい限りです。

素晴らしい製品と、ワクワクするブログを楽しみにしています。

_ 星爺 ― 2015/06/10 12:05

●ムササビさんへ

おお! これはまた懐かしい!
星爺が30歳くらいで「胎内星まつり」の余興でエレキギターを弾いていた頃、飛び入りで郷土芸能の太鼓を披露してくれたハッピ姿の美少年がムササビさんでしたよね?
ひょっとして、もう50歳台になりましたか?

移動の速い彗星の追尾を、極軸をズラして行なう研究は進んでいますか?
赤道儀の追尾が良ければ可能なおもしろい手法と思います。
JILVA-170は2軸にする赤緯ユニットはすぐに発表しますが、移動天体用には4軸も欲しいので開発しているところです。

私の作った本で人生が狂った趣味人がここにもいたか…(笑)
「そんなに悪い人生でもなかった」と言って欲しいです(笑)

_ 坂本清則 ― 2017/04/17 19:43

古いフィルムカメラを持ち出して何十年かぶりの星野写真でもとポタ赤を探していて偶然にこのブログにきました。そして、どこかで見た木製のポタ赤・・中学生の時に天文ガイドの製作記事を見てこれを作りたいと材料をあつめて作ったあのポタ赤に間違いない!確か手紙を書いて製作上の疑問を尋ねたことがあります。あれから50年が経ちました。どっぷり嵌っていた天文からいつしか離れてしまい、昔のような情熱はもうなくなってしまいましたが、どこかでやはり星とは縁が切れない自分を感じています。これも何かのご縁でしょうか。私も同じ星爺になりたいものです。これから時々訪問させて頂きます。どうぞよろしく!

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tentai.asablo.jp/blog/2015/06/02/7660459/tb